COMPANY会社概要

代表あいさつ

お客様に喜んでいただける商品を

当社は、「お客様の要求に応える品質づくり」を経営方針のトップに掲げ、創立以来60余年、地元密着で在りながら世界に目を向けた旋削加工を追求し続けてまいりました。
ひとえに全社員の頑張りとお客様の評価の賜物であり、深く感謝申し上げます。
今後、ますます厳しい環境が予想されますが、創業の志を忘れず、安全な職場でお客様に喜んでいただける高品質な商品を提供していければ、明るい未来が待っていると確信しております。
株式会社ウラカワは、これからも社会に貢献し、社員の幸福を図ってまいります。

代表取締役社長 浦川隆志

会社概要

創業 1953年10月
代表取締役 浦川 隆志
資本金 2,000万円
事業内容 軸受旋削を主とする機械加工
①加工品種:深溝玉軸受、円錐ころ軸受、自動車足廻りハブ軸受 等
②月産加工数:4,000千個 (2018年度平均)
従業員数 80名 (本社工場60名、第二工場20名)
住所 〒597-0094 大阪府貝塚市二色南町7-1
TEL 072-422-3710
FAX 072-432-1930
HP http://www.urakawa-ltd.co.jp/
品質システム ISO9001(2015版)/ ISO14001 認証取得
主要取引先
  • NTN株式会社
  • 日本精工株式会社
  • 北日本精機株式会社
  • ヒック貿易株式会社
  • 株式会社コタニ
  • 株式会社置田鉄工所
取引金融機関
  • 大阪信用金庫
  • 日本政策金融公庫(中小企業事業)
  • 商工中金
  • 紀陽銀行
  • りそな銀行
  • 池田泉州銀行
  • 三菱UFJ銀行
社屋

沿革

1953年 10月 創業者 浦川友二が大阪府貝塚市で軸受旋削加工を開始
1967年 12月 浦川鉄工所を創立
1973年 1月 エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング㈱(NTN㈱の前身)と取引開始
1980年 3月 現社長 浦川隆志が代表取締役に就任
1983年 1月 深溝玉軸受(#68XX,#69XX)の生産拡大
1988年 10月 仏SNR社と取引開始(HUBユニットベアリング量産)
1991年 4月 本社工場を貝塚市二色南町に移転
社名を株式会社ウラカワに変更
1993年 4月 マツダ社向け嵌合ギヤの加工開始
1994年 3月 CRF機(φ120タイプ)導入
2002年 9月 ISO9001 認証取得 CNC旋盤の量産開始
2006年 8月 ISO14001 認証取得
2011年 12月 第2工場 稼働 全NCラインを新工場に移設
同時期に新設中形NCライン(~φ220mm)を4ライン導入(内輪×2 外輪×2)
2016年 4月 ステンレス軸受の旋削加工開始
初号機

認定

2020年8月 事業継続力強化計画認定(近畿経済産業局)

– 「事業継続力強化計画」の認定制度とは–(中小企業庁HP抜粋)
中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度です。認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点などの支援策が受けられます。
計画に記載する項目の事例は以下の通りです。

・ハザードマップ等を活用した自然災害リスクの確認方法
・安否確認や避難の実施方法など、発災時の初動対応の手順
・人員確保、建物・設備の保護、資金繰り対策、情報保護に向けた具体的な事前対策
・訓練の実施や計画の見直しなど、事業継続力強化の実行性を確保するための取組
 等

品質方針/環境方針

品質方針について
環境方針について

お問い合わせ
このページのトップへ